サガ スカーレットグレイスでは大筋のメインストーリーに加えて、主人公やプレイ中に進んだ地域によってシナリオが変化します。

結果的にファイアブリンガーを倒すという目的は共通ですが、過去作のフリーシナリオシステムを若干引き継いだようなイメージです。

キャラによってはほぼ自由に等しい主人公も存在すれば、ある程度決まっているキャラもあるので、攻略順序は好みで問題ないと思います。

共通シナリオには

  1. 大地の蛇
  2. 不死鳥
  3. 緋の欠片
  4. シグフレイ

の4種類があり、これも主人公によっては同時進行可能なシナリオ、同時進行は出来ないシナリオなどが存在しています。

また、基本的に発生シナリオが終わった時点で次のシナリオでは終わらせたシナリオの再発生はありません。

ウルピナ編 シナリオ分岐ポイント

ウルピナ編では1章は固定で「大地の蛇」シナリオをプレイすることになります。

行動場所も1章では指示を出されながら進むポイントが多く、RPGとしては分かりやすいです。

1章で「大地の蛇」をクリアすると、2章と3章で残りの3種類のシナリオに分岐します。

ウルピナ編では章をクリアするとシルミウムへ戻るので、そこから最初に向かった場所で発生シナリオが変化します。

行き先 発生シナリオ
グラディオン州 緋の欠片
セレナイフ州orビキニロ辺境州 シグフレイ
ユシタニア州 不死鳥

タリア編 シナリオ分岐ポイント

タリア編の1章は「不死鳥」で固定されており、ウルピナ編と同様に3章での構成となります。

1章で不死鳥シナリオをクリア後、ウルピナ編と同じように最初の行き先でシナリオが変化しますが、ウルピナとは少し条件が変化しています。

行き先・条件 発生シナリオ
ノルミ辺境州orグラディオン州 緋の欠片
トラキニ州orロニクム州など 大地の蛇
サンドリア州からテルミナ州へ戻る シグフレイ

ウルピナの場合は行った先でシナリオが固定されますが、タリア編では条件が少し特殊です。

また、緋の欠片に関しては選択肢で拒否も可能になっています。

レオナルド編 シナリオ分岐ポイント

レオナルド編は非常に特殊なシナリオ展開となっており、ほぼ制限が発生しません。

開始すぐのイベントが終わった段階で大地の蛇、不死鳥、シグフレイ、緋の欠片が同時に発生するものの、これらをオール無視しても条件さえ満たせばファイアブリンガーまで行くことが出来ます。

また、シナリオに関しても全てのシナリオをコンプリートするという感じではなく、切り取り感が強いです。

自由度が高い分、他の主人公よりも難易度が高いので、主人公全てで遊ぶ場合はシナリオをある程度理解した4人目がオススメ。

後述するバルマンテではシグフレイがメイン、前述したウルピナやタリアでは最初に不死鳥と大地の蛇が固定なので章を進めて緋の欠片シナリオもやっておけば大まかなストーリーは理解しやすいです。

クリアに必要なイベントは

  1. アスワカンの帝国図書館でアイ・ハヌムの話を聞いている
  2. 北東界外の精霊の湖でイベントを見ている

この2つのみとなります。

バルマンテ編 シナリオ分岐ポイント

バルマンテ編も少し特殊な展開となり、大筋のメインシナリオはシグフレイで固定されています。

イメージとしては、シグフレイシナリオをある程度進めると中断し、この間に他のシナリオをクリアすることでシグフレイが再開するというものです。

ですので、最終的なシナリオはシグフレイになっています。

行き先(1回目) 発生シナリオ
メグダッセ辺境州、ロニクム州、トラキニ州 大地の蛇
ノルミ辺境州、ユシタニア州 緋の欠片

1度目の中断は場合によっては開始直後にもなるので、行動に注意していないと行ける地方が限定されてきます。

行き先(2回目) 発生シナリオ
イルフィー海、ユシタニア州 不死鳥
メグダッセ辺境州 大地の蛇
ビキニロ辺境州、ノルミ辺境州など 緋の欠片

注意点としては、メインシナリオであるシグフレイの終盤で序盤からの仲間であるアーサーの離脱が発生することがあります。

この詳細に関してはバルマンテ編として紹介予定です。

スポンサーリンク

Twitterで最新情報お届け!

PICKUP記事
おすすめの記事