少年ジャンプで人気の連載作品である「僕のヒーローアカデミア」

初の本格対戦アクションであるワンジャスが発売されたので早速買って遊んでみました。

結果から言うと、、

「キャラ少ねえええええええ」

です。

ストーリー全S獲得し、ミッションは半分くらい遊んで、あまりにも反復が多いのでオンラインへ。

轟がわりと使いやすいので適当に遊んでいると、切断マンが3割ほど。

戦績気にするんだったらランクマなんかやるんじゃねえわ\(^o^)/

など、色々と不満もありました。

うーん。

俺の好きな作品、手抜きされる確率8割!

僕のヒーローアカデミア One’s justiceのキャラが少ない件について

まずびっくりしたのが、とにかくキャラクターの数が少ないこと。

総勢20名なのでこれで少ないとは失礼だ!っと思う人とかもいるとは思うんですけど、、、

ヒロアカのキャラはもっと多いのは当然ながら、B組(生徒)でプレイ出来るキャラは0www

扱いひどくないですか??

A組に関してはこれくらいで良いと思いました。

アニメ版がおそらく元になっているので人気のキャラは一通り遊べるし。

問題は、、、

ヴィラン側に何故か黒霧が居ない(しかも6人。連合中心というか連合しかでないのに)、というかストーリー全体で扱っている範囲が少なすぎる。

さらにもっと悪いのはプロヒーローでしょ?

オールマイト、相澤先生(イレイザー)、グラントリノのたった3人。

大事なのでもう一度。

たった3人!!!泣くわ。。。

どうしてこうなった?ワンジャス

はっきり先に言っておきますが、管理人はこの作品アホみたいに好きです。

めっちゃ読んでるし、もっと期待値が上でした。

B組の生徒も使いたかったし、峯田とかのギャグキャラも欲しかったし、何よりプロヒーローをもっと揃えて欲しかったです。

少なくとも、ステイン編からオール・フォー・ワンまでやるんであれば、シンリンカムイやエンデヴァー、マウントレディ達は入れるべきでしょ。。

特にエンデヴァーが居ないのは普通にびっくりした。。

何回も言いますが、、いわゆるストーリーで扱っているパートは

職場体験(フルカウル習得)~林間合宿(開闢行動隊襲撃。プッシーキャッツやらスピナー、マグネ達もさらっと絵しか出ない)~そして序盤の一番の見せ場になったオール・フォー・ワンとの対決まで。

あと、ヴィランのストーリーを全部クリアすると体育祭編がオマケのように遊べて、最後にオールマイトをデク達で倒すストーリーだけ。

ストーリー編の感想

個人的にゲームを比べるのはあまり好きではないですが、同じようにキャラの多いナルティメットストームシリーズなどは、ストーリーもそれなりに充実しつつ、キャラに至っては多すぎるくらい。

それに比べると僕のヒーローアカデミアはかなーり薄い。

しかもヒーローサイドでクリアした同じシナリオを今度はヴィラン側でプレイするという水増し感。

合間のムービーは同じ。

そして結構最初苦戦したステインでボコボコにしたデク達にムービーでやっぱり殴られるステインw

もはやギャグ\(^o^)/

区切りとしてはオール・フォー・ワン戦というのは原作でも盛り上がったポイントだけども、、、

原作が進んでヴィランにも新キャラが多く出てるし、他の高校キャラもいる”ヒロアカを既に読んでる人”からすると、かなり物足りない仕上がりになっているような気がしますね。

唯一の救いは、お茶子は当然ながら、ヤオモモ、梅雨ちゃん、トガヒミコあたりをきちんとプレイアブルキャラクターに入れてたところでしょうか?

それでも、林間合宿編であれだけ活躍した鉄哲やら拳藤一佳が使えないし出ないは冷めるね。。。

発売翌日に言うのもなんだけど、これでDLCキャラが有料とかで増えたら、今年1、2を争うク○ゲーなってしまう。

戦闘の感じとかは好きなんだけど、、、。

というわけで、ワンジャスの感想・評価でした。

正直残念。

スポンサーリンク

Twitterで最新情報お届け!

PICKUP記事
おすすめの記事