ここではライフイズストレンジ ビフォアザストームのエンディング分岐ポイントについて紹介しています。

※注意※エンディングに関わるポイントを紹介しているので、クリア後の閲覧推奨

とにかく、最初にクリアして驚いたのはセラとレイチェルが再会できるルートが用意されているということ。

これに関してはクリア後の自分の選択肢からも確認できます。

全世界の割合で見ているとアーリーアクセスでプレイしたおよそ2割ほどの人がこのルートを通っていました。

しかし、落書きポイントとは違ってパラレルワールドをプレイしても前後に影響が出ないので結果的にプレイをやり直すしかありません。

とりあえず、数時間かけてやり直しプレイをして、今作のトゥルーエンドとも言えるであろうレイチェルの生みの母親であるセラとの再会を果たすことに成功。

スポンサーリンク

トゥルーエンドの分岐条件について

セラと会うための鍵は【ブレスレット】

エピソード2の舞台が終わった後、レイチェルと話していると街を出ることへの確信を持つために

クロエからレイチェルにキス、そのブレスレット、タトゥーの3種類からおねだりをすることが出来ます。

作ファンでも今作ファンでも、ここは正直迷わず【キス】を選んでしまいがちですw

百合度も結構上がっているので、管理人も初回プレイでは当たり前のごとくキスのおねだりでプレイしました。(結果的にセラには会えなかったので)

で、やり直しプレイをおそらくエピソード1は関係ないだろうと判断してエピソード2からスタート。

ここで、初回プレイで気になっていたブレスレットを選択してみました。

このまま色々とお話は飛ばして一気に最後の小屋へ。

セラとの最後の会話

エピソード2ではドリューを襲っているデイモンに金を渡してみたり、色々と変化をつけましたが

最終的にデイモンにセラが捕まっている&ジェームズがガチクズなルートに変化はなかったので、そのまま様子見。

すると、、、

初回プレイでは選択肢に出なかった「レイチェルのブレスレットを渡す」という項目が出現します。

ちなみにセリフ的な内容としてはセラとのやり取りに大きな変化なし。

最後の選択肢だけが増えました。

その後、病院へ戻って「レイチェルに全てを打ち明ける」を選んだ結果。。

エンディングでセラとレイチェルが再会

正直、半信半疑のままエンディングを鑑賞してました。

真実を告げたことでレイチェルの家で暴れているジェームズ達や校長に中指を立てるクロエなどに変化はありません。

ただ、このベンチのシーンで通常ルートであれば少し落ち込んだ顔をしたレイチェルをクロエが慰めるシーンだけですが、、、

ブレスレットを渡して真実を告げたクロエの目線の先に現れたのはセラ。

夕日越しに親子の再会をクロエが微笑ましく見ていました。

エンディング分岐ポイント

今回、この検証によって予想される分岐ポイント(フラグ)はおそらくそこまで複雑ではなく、

  1. エピソード2でレイチェルからブレスレットを貰う
  2. エピソード3でセラにブレスレットを渡す
  3. 最後の選択肢で「レイチェルに全てを打ち明ける」を選択

これだけだと思われます。

一応、エピソード3の選択結果を貼っておきますが、おそらくブレスレット、セラ、真実が揃えばエンディングで再会できるかと思います。

ちなみに、エンディングそのものの大筋な変化はおそらく3種類のみ。

()内は検証プレイ時の最後の状態

  1. 真実を告げてもセラとは再会しない(再会フラグなし)
  2. 真実を隠してセラと再会しない(再会フラグあり、なし)
  3. 真実を告げてセラとレイチェルが再会する(再会フラグあり)

他のキャラクターの動きや状態はプレイ中の行動で多少変化しますが、基本はこの3つだけですかね。

ちなみにトロフィーそのものには影響がないので、ファン用ルートといった感じだと思います。

というわけで、セラとレイチェルが会えなかった場合は上記を参照にプレイし直して見て下さいね^^;

スキップ機能が使えないので、時間はかかりますが、、、w

スポンサーリンク

Twitterで最新情報お届け!

PICKUP記事
おすすめの記事